HOMEへ戻る
ギタリスト、Yoshiyukiのブログ。ギターサウンド、DTM、X JAPANなど音楽を中心とした雑記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Check

メモ:ギターの音作りについて

最近ニコニコ動画やYoutubeで動画を観て頂いた方から
mixiやこのブログを経由してギター音作りについて
尋ねられることが増えてきたので、一旦メモ程度にまとめてみようかと思います。


製作する環境によって当然音が変わるので
同じ設定をしても音が同じになる保証はありません。
あくまで参考程度に読み流していただければ幸いです。



今回は先日アップした「Shallow」で使用した
歪みサウンドのバッキング、ソロ音にフォーカスを当てます。


【エフェクトの流れ】
①アンプシミュレーター(Guitar Rig 4 Pro)
②EQ(SONAR付属のもの)
③PSP Vintage Warmer2(アナログ感を加えるのと音圧調整)
(④必要に応じてセンドでディレイ、リバーブ)

※バッキング、ソロともにエフェクトの流れは基本一緒です。


【アンプシミュレーターの設定】
上ではGuitar Rig 4 Proと書きましたが、厳密に言うと
最近は拡張アンプであるRAMMFIREを使っています。
ただ、歪みが少し足りないのとキャラクター付けのために
普段はRAMMFIREの前にブースターとしてSCREAMERをかませています。

空気感を与える"Air"の設定はバッキング、ソロとも控えめです。

この段階ではひたすら自分の好きな音を作れば良いと思います。
下記は「Shallow」で使用した音の設定。

■バッキング音 Guitar Rig 設定(※画像クリックで拡大)
バッキング音 Guitar Rig 設定<br />


■ソロ音 Guitar Rig 設定(※画像クリックで拡大)
ソロ音 Guitar Rig 設定<br />



【アンプで音を作った後にEQをかける意味】

答えは単純です。
仮に本物のアンプをマイクで録音するという手法をとった場合、
そのギターサウンドを他の楽器とミックスする際には
EQをかける場合が多いからです。

よってアンプシミュレーターを使う場合であっても
まずアンプサウンドの段階では好きな音を作って
その後段でEQにより必要な帯域以外は削り、
強調したい帯域はブーストする、という事をやってあげるわけです。

自分は割りと超低域はカットしちゃいます。

■バッキング音 EQ 設定(※画像クリックで拡大)
バッキング音 EQ 設定<br />

■ソロ音 EQ 設定(※画像クリックで拡大)
ソロ音 EQ 設定

※ソロ音とバッキング音のEQソフトが違うのは好みのせいです。



アンプで音を作り込めばこのEQ処理は必要ないのか、というと
色々意見あるかと思いますが、自分が考えるに80Hz以下の
超低域の音は削れないのかなぁと自分は思います。


まずはアンプ特性を活かした音を作ってその後段のEQで
アンプでは処理しきれない不要な帯域を削る/強調帯域をブーストする
というのがオーソドックスかと思います。


このEQ処理によって他の楽器との混ざり具合を調整します。
ひょっとしたらこの処理をするとギター本来の
”気持ちいい”サウンドにはならないかもしれませんが、
やはり他の楽器と混ぜる場合には重要な処理だと思います。



基本的にはここまででほぼ音作りは完了です。
自分がこの後にかけているVintage Warmer2のような
音圧調整は好みだと思うので必要に応じてで良いかと。


と、まぁ長文になりましたが参考になれば幸いです。
御意見あればコメントいただければ嬉しいです。

関連記事
Check

コメント
No title
MIXの段階で、ギターの音の音質補正はかなり重要だと思います!
ギタリストにはちょっと言いにくいんですけどね^^;
特にマイク録りの時はEQでハイパスかけとないと、ドラムやら何やらに加えると、後で収拾つかなくなりますからね(笑)
1~1.5k辺りをチョコっとだけブーストしてあげると、ギターって前に出てきますよね(・∀・)
2011/03/02(水) 01:45 | URL | ゆっきー #-[ コメントの編集]
No title
分かり易い画像付き・・・
大変参考になりました^^
RAMMFIRE即買いですw
NIとローランドから宣伝料徴収できそうですね!

2011/03/02(水) 01:53 | URL | 5150 #-[ コメントの編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/02(水) 01:58 | | #[ コメントの編集]
Re: No title
> ゆっきーさん

MIX作業を経験しないと音質補正の必要性は分からないでしょうね。
特にギターの場合は低音も気持ちいい音の要素の一つですが、
やはりベースやバスドラとかぶって抜けてこない、もしくは
他の楽器をマスキングしてしまいますからね。

自分は2kHzあたりをブーストしてジャキっと感を強調
することが結構多いかも。
2011/03/02(水) 07:22 | URL | Yoshiyuki #-[ コメントの編集]
Re: No title
>5150さん

参考になったようで良かったです。
自分も宣伝料もらいたいくらいですが、
恐らくもらうためにはもっと細かく書いて
アクセス数ももっと稼がないといけないでしょう(笑)

そもそもGuitar Rigは音質が良くも悪くも細いので
MIXはしやすいのですが、ギター単体だと気持ちよさが少ないんですよね。
RAMMFIREはその点、まだ音は細いもののいいバランスの
歪みが作れるアンプかな、と思います。

無料で試せるので試してから買ってもいいかと思います。
2011/03/02(水) 07:25 | URL | Yoshiyuki #-[ コメントの編集]
すごいためになりました!!
この前mixiで質問した者です。
画像付きで詳細に説明して頂いてありがとうございます ^^

ここまで教えてくれてありがたいのですが
もう1つわがままを言えば
EQ処理前、処理後等それぞれの音のbefore、afterを
聞かせてほしいです!!

時間があればぜひお願いします

頑張ってください。応援しています!!
2011/03/02(水) 09:47 | URL | キキ #F9ckFCGU[ コメントの編集]
Re: すごいためになりました!!
>キキさん

コメントありがとうございました。
処理前、処理後の音源の件は検討させて下さい。

ただ、一番実感できるのは自分の音を
弄る事だと思いますので、是非試してみてくださいね。
2011/03/02(水) 21:51 | URL | Yoshiyuki #-[ コメントの編集]
No title
はじめまして。突然すみません。
Yoshiyukiさんの曲は音圧がかなり高いのですが、それは2mixの時点で高いのでしょうか?それともマスタリングであげてるのでしょうか?
2011/03/05(土) 11:53 | URL | ken #K3BC1d56[ コメントの編集]
Re: No title
>kenさん

コメントありがとうございます。
音圧については厳密に言えば3段階であげています。

①各トラックの音作り時
②2mix時
③マスタリング時

今度、音圧あげの処理もブログのネタにして
みましょうかね。
2011/03/05(土) 22:49 | URL | Yoshiyuki #-[ コメントの編集]
No title
お返事ありがとうございます。
自分は音圧上げに悩んでるので、時間があるときにでも是非お願いします。

2011/03/06(日) 11:18 | URL | ken #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Yoshiyuki

Author:Yoshiyuki
Yoshiyuki

つぶやき on twitter

Yoshiyuki_gt < > Reload

Mail

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

記事カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
最新コメント
ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。